暑中見舞いのマナーと文例

暑中見舞いは夏の暑い時期に相手の健康を気づかうことで、お互いの近況を報告し合う挨拶状です。簡潔に堅苦しくならないように書くのがコツです。

サイトトップ > 暑中見舞いとは

スポンサードリンク

暑中見舞いのマナーと文例

暑中見舞いとは


暑中見舞いは、暑さが厳しい時期に、相手の健康を気づかっていることを伝え、自分の近況を報告する夏の挨拶状といえます。


そもそも暑中見舞いとは、夏の時期に日頃から世話になっている人たちを訪問して、機嫌伺いをする事だったようです。しかし現在では、はがきなどを書いて挨拶をする事が一般的となり、単なる社交辞令となっていることもあるようです。


暑中見舞いは、まず先方の健康への気遣いと無事を祈り、そして自身が健康で無事に過ごしていることを、感謝の気持ちを込めて書きましょう。


年賀状に比べると、暑中見舞いはどちらかと言えば、より親しい間柄同士で交わされるものだと思います。暑い時期に出す便りですから、さわやかな季節感や心くばりも大切にしましょう。


暑中見舞いは、暑い時期の挨拶状ということで、どうしても暑さを強調しがちになりますが、近況報告や何処かに工夫を施して、涼しげな印象を与えるような文面になるようにしましょう。また、必ず相手とその家族の健康を気づかう言葉を入れましょう。


暑中見舞いに、慶事やお中元の礼状、転居や転勤などの報告を兼ねて行う事は良いとされています。また、年賀状ほど改まったものではありませんので、オリジナルなはがきや絵葉書などを使って、親近感のあるものにするのも良いと思います。


注意することは、相手が不快になるような事は書かないことです。例えば「最近、体調を壊して」とか「調子があまり良くなくて」など、相手に心配をかけてしまうような文面にならないようにしましょう。


暑中見舞いのマナーと文例

MENU



スポンサードリンク